米軍横田基地(東京・福生市ほか)では、住宅や学校・保育園などが密集する真上で、毎日のように夜間・低空飛行やパラシュート降下が行われており、住民が長年爆音や墜落の危険にさらされています。多くの住民が「爆音はとても迷惑」「すでに事故が起きている。やめてほしい」「おだやかな空を返してほしい」と願っています。

 

2018年4月3日、在日米軍は、2019年10月~2020年9月に配備を延期するとしていたスケジュールを変更して、米空軍CV-22オスプレイの横田基地への配備を明らかにしました。スケジュールを前倒し、4月5日に横田基地に飛来。訓練後、今年の夏頃に正式配備すると一方的に発表しました。そして、10月1日、一方的に配備を強行しました。在日米軍は、数年かけて段階的に計10機450人を配備するとしています。

 

欠陥機オスプレイは、2016年12月の沖縄県名護市沿岸での墜落事故の記憶も新しく、その後も重大事故が相次いでいます。横田基地に配備されれば、関東一円で危険な訓練が行なわれ、学校や保育園、福祉施設、病院や住宅が密集する首都東京に配備することは、都民のいのちと安全をいっそう脅かすもので絶対に許されません。また、CV-22オスプレイは敵地深くで、ひそかに破壊工作や対テロ作戦などを展開する特殊作戦部隊を潜入、脱出させることなどを任務にします。日本と世界の平和を脅かす存在であり、この点からも配備は許されません。

 

私たちは、今回のCV-22オスプレイの飛来・訓練、配備増強の計画について、広く市民と団体、政党・会派、さらに行政と共同して配備撤回を求めます。





東京・横田基地からのCV-22オスプレイ部隊の撤退を政府に求めるよう東京都知事に求める請願署名

2019年11月24日~2020年5月31日の間、取り組みます。

 

第1次締切 2月29日

第2次(最終)締切 5月31日

 

東京都知事選挙の直前(6月上旬)に東京都知事にあてて提出する院内集会を計画しています。 ぜひ、お知り合いなどに広く広げてください。

ご存じですか?オスプレイ

墜落をまねく重大欠陥、覆いかぶさるように襲う爆音、暗殺・拉致のための特殊作戦機…危険なオスプレイの実際をぜひ知ってください。

NO OSPREY TOKYO募金にご協力ください

わたしたちの活動は、市民のみなさまからのご寄付によって支えられています。活動にはたくさんお金がかかります。可能な範囲でご協力いただければ幸いです。