米軍横田基地(東京・福生市ほか)では、住宅や学校・保育園などが密集する真上で、毎日のように夜間・低空飛行やパラシュート降下が行われており、住民が長年爆音や墜落の危険にさらされています。多くの住民が「爆音はとても迷惑」「すでに事故が起きている。やめてほしい」「おだやかな空を返してほしい」と願っています。

 

2018年4月3日、在日米軍は、2019年10月~2020年9月に配備を延期するとしていたスケジュールを変更して、米空軍CV-22オスプレイの横田基地への配備を明らかにしました。スケジュールを前倒し、4月5日に横田基地に飛来。訓練後、今年の夏頃に正式配備すると一方的に発表しました。そして、10月1日、一方的に配備を強行しました。在日米軍は、数年かけて段階的に計10機450人を配備するとしています。

 

欠陥機オスプレイは、2016年12月の沖縄県名護市沿岸での墜落事故の記憶も新しく、その後も重大事故が相次いでいます。横田基地に配備されれば、関東一円で危険な訓練が行なわれ、学校や保育園、福祉施設、病院や住宅が密集する首都東京に配備することは、都民のいのちと安全をいっそう脅かすもので絶対に許されません。また、CV-22オスプレイは敵地深くで、ひそかに破壊工作や対テロ作戦などを展開する特殊作戦部隊を潜入、脱出させることなどを任務にします。日本と世界の平和を脅かす存在であり、この点からも配備は許されません。

 

私たちは、今回のCV-22オスプレイの飛来・訓練、配備増強の計画について、広く市民と団体、政党・会派、さらに行政と共同して配備撤回を求めます。


(事務局長談話)山形空港へのCV22オスプレイ2機の緊急着陸に抗議し、横田基地からの撤去を求める

 

614日午後5時過ぎ、横田基地配備の米空軍特殊作戦機CV22オスプレイ2機が相次いで県営山形空港に緊急着陸した。報道によれば、県空港事務所への事前の連絡はなく「着陸の理由なども全く分かっていない」とされ、ANNニュース映像からは、機体左エンジンから白煙が出ていることが確認できる。CV22オスプレイは20184月に横田基地に飛来・配備後、同年6月に奄美空港にエンジントラブルで緊急着陸している。今回の山形空港の緊急着陸は、報道されている限りでは2回目になる。

 

CV22オスプレイは米軍機のなかでも最も重大事故率が高い機種であり、配備当初から、基地周辺住民や自治体は人口密集地にある横田基地への配備は極めて危険であることを訴えてきた。今回の事故は周辺住民、自治体にとって我が事の問題であり、到底見過ごすことはできない。

 

CV22オスプレイは、要人暗殺などを任務とする特殊作戦機であることから、他の軍用機以上に危険な訓練が課されており、横田基地周辺はもとより、首都圏近県においても夜間の無灯火飛行や低空飛行を繰り返している。航空法に定められている最低安全飛行高度以下での飛行訓練など、国内法などを無視した無法で危険なものである。今回の事故はこうした訓練の危険性を顧みず、無法を重ねてきた結果である。都内、首都圏でいつ大惨事となってもおかしくない状態が、いまなお続いている。

 

 在日米軍は2024年までにさらに5機増やし10機態勢にする計画である。実施されれば事故や墜落の危険性がますます高まる。今回の事故で改めて、同機配備の危険性が端的に示されたことを踏まえれば、増強は断じて許されない。私たちオスプレイ反対東京連絡会は、今回の事故の原因を究明し公表すること、CV22オスプレイの飛行停止と撤去を強く求めるとともに、横田基地での10機態勢増強に強く反対するものである。

 以上

 

2021年6月15

オスプレイ反対東京連絡会

 

事務局長 岸本正人

 




ご存じですか?オスプレイ

墜落をまねく重大欠陥、覆いかぶさるように襲う爆音、暗殺・拉致のための特殊作戦機…危険なオスプレイの実際をぜひ知ってください。

NO OSPREY TOKYO募金にご協力ください

わたしたちの活動は、市民のみなさまからのご寄付によって支えられています。活動にはたくさんお金がかかります。可能な範囲でご協力いただければ幸いです。